トップページ>>音楽エッセイ|フェルメール,カルダン

フェメール贋作の巻

 フェルメール展が海外で話題を呼んでいます。何しろ現存している作品が三十五点しかないというのですから、数多くの国の美術館がそれぞれ二、三点ずつ所蔵しいているので一箇所に集めるのは難事業です。

 問題点がさらにあります。フェルメールの場合、数多くの贋作があるので、それを鑑定しなければならないことです。フェルメールは十七世紀の画家ですから作品の表面もかなり傷んでいて贋作は難しいように思われますが、ファン・メーヘレンという十九世紀末から二十世紀半ばまで生きた画商兼画家がこのフェルメールの贋作を得意としていました。

 そして不運にも贋作の一点がナチスのゲーリング元帥の手に入ったことが判明し、戦後、芸術品国外流失の罪により投獄されるのです。政府当局に真贋を見抜く目はありませんから、メーヘレンが「その絵は自作だ」といっても誰一人として信じてくれない。とうとう牢獄で実際に描いて見せて自分が贋作の名人であることを立証したそうです。

 さてこのメーヘレンの贋作の一点いわたしは考えさせられました。それはフェルメールの『青衣の女』の贋作で、新作は中年の女性が机から立ち上がって窓際の明かりで手紙を読んでいる姿を真横から描いたものなのですが、メーヘレンは画面左手の机、右手の椅子、中央の女性、奥の白い壁と何やらわからぬ矩形の板という構図はそのまま保って、ただ女性を机に向かって座らせて楽譜を読ませている。画題は『楽譜を読む女』どしてありますが、この楽譜が問題なのです。

 職業柄、わたしの目はその楽譜に吸い付けられました。この絵が描かれたのは千九百三十五年から三十六年となっています。R・シュトラウス、バルトークもまだ生きていて、シェーンベルクらの新ウィーン学派が全盛期のころです。

 もしメーヘレンがその時代の中流家庭の日常生活からヒントを得て手紙を楽譜に換えたのだとしたら、そのころの女性は楽譜が読めたことになります。中流家庭というのは、画面に描かれた壁紙も貼られていない質素な部屋の様子から判断したのですが、ひょっとするとそれ以上に質素な生活をしていたのかもしれないし、また、唯、新作に忠実にしたがって描いただけに過ぎないかもしれない。なんとも判断はつきかねます。

 ただ、多くの作曲家かが収入の道として楽譜出版を目指した事実、交響曲でもまずピアノ譜を出版」したという二つの事実から考えても、十八、九世紀、さらには二十世紀前半の教養の一つとして「音楽を解すること」が必須科目だったのではないかと想像出来ます。

 演奏会が一般に聞かれるようになったのは音楽が宮廷から独立することによって初めて実現されたわけですが、それでも一般人は現在のように家庭にいてCDに吹き込まれたオーケストラ曲を聴くことはできなかったのです。さらに現在のように娯楽がありふれていたわけではありませんから、家庭での楽しみといえば本を読む、音楽演奏または合奏を楽しむというようなことがかなりのウエイトを占めていたように思われます。

ここから。一昔前の人々の音楽に対する接し方は現在の人々より大きな意味を持っていたのではないか、という推測が出来ます。楽譜を読むというようなことは知的にかなりの能力を必要としますし、そこからその音楽の姿を感じ取るのはよほどの感受性が必要です。楽譜も読めない現代知識人はこの点を多いに反省すべきではないでしょうか。

ところで当のメーヘレン氏は『ナチスに一杯食わせた男』として国家的な英雄になったそうですから、世の中わからない。

(この項、終了)

ページトップへ



デザイン カルダンの巻

Fashion Week Paris 2011 Pierre Cardin

 題名をごらんになっって目を疑った方もおられるかもしれません。ここでお話しようとする人物は、ご婦人方が目の色を変える、あのピエール・カルダンその人だからです。

「一生に一度でよいから、彼のオートクチュールによるドレスでコンサートに望めたら・・・」などとため息をついていらっしゃる女性演奏家も少なくはないでしょう。小生でさえアルマーニのスーツを着て講演会をしてみたいと思うのですから、こうしたご婦人方の気持ち、心に染みて感じ入ります。

 彼の半生は良いデザインの大衆化にささげられたといってよいでしょう。時代を先取りしたカルダン青年は、クリスチャン・ディオールのメゾン(洋裁店)で経験を積んで独立する。自分ではじめて持ったメゾンは屋根裏部屋でした。そこから斬新なデザインが次々と生み出されたのです。

 カルダンは働く女性の姿を見て、「これからはごく一部の特権階級のマダムのためにオートクチュール(高級注文服)だけを作っていれば良い時代ではない。普通の女性にも手に入るプレタポルテ(高級既製服)を手がけなければならない」と考えて実行に移すのですが、保守的な組合から除名され、「プレタポルテなどデザイナーが手を染めるべきものではない」という手ひどい非難を受ける。

 が、時代は確かにカルダンの予想通りに変貌した。社交界は衰微し、プレタポルテを作らなければデザイナーは生き延びることができなくなりました。三年持たぬうちにカルダンは組合長として戻ってこぬかと勧誘を受ける。カルダンは有名なデザイナーすべてを敵に回し、そして勝利の栄冠を得たのです。

 カルダンのショーは全く異色中の異色でした。それまではマヌカンは豪勢なドレスを身にまとい、しゃなりしゃなりと舞台を歩き回るのが普通でしたが、カルダンのショーでは奇抜な、スポーティな、時には宇宙服まがいのドレスを身にまとったマヌカンがロックのリズムに乗り、舞台背ましと飛び跳ねる。といっても現代のショーはすべてこんな風だからぴんと来ないかもしれませんね。

 こうした音楽、リズム感はまだフランスがナチに占領されていた青年時代にさかのぼるのです。当時カルダンはナチの追撃を逃れるために隠れ家を転々としていましたが、退屈を紛らわすために一枚のレコード、ラヴェルのボレロを擦り切れるほど聞いたのだそうです。それがピエール・カルダンを作ったといっても過言ではないかもしれません。

 しかし、年齢を重ねるにしたがって反省が起きてきます。「これまで私はモードを大衆化しようと思ってきた。ショーをサロンの閉鎖的な空間から開放し、音楽を使った大規模で派手な形に変えた。しかし今、同じようには考えていない。モードはあまりに大衆的になりすぎた。創造の世界は再びエリートの中にとどまるべき次代になったのではなかろうか」

 長々とモードのことについて語ってきました。最後のカルダンの言葉に深く考えさせられ、現代の音楽界にこのことが当てはまるのではないかと思ったからです。

 真の創造とはすぐさま大衆の賛同を得られるものではない。時代を先取りしているから真の創造になりうるわけで、それを理解し、共感できる人はごく限られているはずなのです。

 ここで真の創造を目指してがんばっている作曲家、演奏家、批評家の方々、貧窮を耐え忍び、マーラーのように信念を持って活動しましょう。

 「いつかはわたしの時代がやってくる」

 これを音楽、文法用語で、「マーラー終止」と呼びます。

(この項、終了)

(音楽批評家時代、雑誌に掲載したエッセイより)



[雑学辞典ドットコムトップページへ戻る]



ページトップへ



参考


















commercial

Google が開発した無料ソフト "Chrome"
google.co.jp/chrome


動画を見るなら、音楽を聴くなら…
youtube.com


地球を見よう
google.earth.com


地球を考えてみよう
nationalgeographic.co.jp


Microsoft ダウンロード センター
Microsoft の製品やサービスのアドイン、サービスパック、評価版、セキュリティ更新 プログラムなどをダウンロードいただけます。
microsoft.com


Adobe-Japan
アドビ システムズは、人とアイデア、人と情報のかかわりを変革します。
adobe.com/jp/


食材宅配ならナチュラル&オーガニック ネットスーパーOisix
oisix.com


株価、企業情報なら…
finance.yahoo.co.jp


知りたい?欲しい?…
allabout.co.jp


論文検索なら…
CiNii.jp